So-net無料ブログ作成

東大合格者数No1.。目標に近づくためにZ会で実力upを。
中学受験とは何か ブログトップ
前の10件 | -

中学受験は夢と希望。 [中学受験とは何か]

息子のメイは中学3年間のカリキュラムを終了しました。あっという間の3年間でした。

4月からは息子は高校生です。このブログも続けるのであればタイトルを変更しなければなりません。

中学受験回顧というタイトルも、もう一年以上前から少し恥ずかしく、ブログの名前を変えることを何回か考えていました。この機会にタイトルを変更して、メイが大学に入学するまで、僕の教育への関わりをこのブログに記録したいと思います。

ブログのタイトルにもしていた中学受験、3年以上が経過したいま今振り返ってみると、当時とは少し違って見えます。

いま中学受験は何であったかと問われれば、僕は「夢」と「希望」であると答えるでしょう。当時はこのことは意識していなかったのですが、今振り返れば、中学受験は夢と希望そのものでした。

基本的に中学受験に挑戦する子供たちは小学校での成績は良い。小学校の成績は保護者の教育に対する熱心さが直接反映しますから、親が教育熱心ならその子供の学校での成績は間違いなく良いでしょう。

中学受験に参加する子供たちは小学校ではみな成績優秀者なのです。その中での序列がまだついていない状態で塾通いが始まります。

男の子であれば、誰でも開成中学進学から東大へのエリートコースが手の届くところにある、少なくともそう思える地点から中学受験勉強はスタートするのです。この夢と希望が保護者を動かし駆り立てるのが中学受験だと思うのです。

息子を中堅校に通わせている我が家でも、小学校6年生の6月まで第一志望は開成中学でした。参加者は誰でも、最後まで難関校を目指してもよいのが中学受験であるともいえます。

先日、僕が妻と車で買い物に行く途中に塾帰り思える親子連れを見かけました。そのとき、図らずも僕たちは同時に「うらやましいね」と言ってしまったのです。僕たちは彼らに夢と希望を見たのかも知れません。

そして、それをかなえるのが中高一貫校の教育であると思っています。ですから、僕たちもまたその希望にの中にいる。現在進行中なのです。

そして僕もこのブログをしばらく続けるのです。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

塾の偏差値を見つける。 [中学受験とは何か]

週刊ダイヤモンドの2月25日号の記事に中学受験塾の偏差値を見つけました。「塾の合格力偏差値」という値です。

塾生の合格校の偏差値を集計すれば簡単にできそうな指数ですが、ありそうでなかった塾の偏差値。僕は初めて塾の偏差値というものを目にしました。

息子のメイはサピックスと市進学院で受験勉強をしました。この2つの塾の合格偏差値は59と46。やはりというか、合格力偏差値は13も違います。

この記事では、偏差値65以上を最難関校とし、それ以降を偏差値5刻みで、難関校、上位校、中堅校、中位校、下位校としています。

SAPIXの塾生が最も合格しているボリュームゾーンは偏差値60から64までの難関校。合格校のほぼ7割が上位校というすさまじさです。

進学先でなく合格校なので、サピックスに入塾すれば確率7割で上位校以上に入学できるというわけではないでしょうが、SAPIXが他の塾を圧倒的に引き離していることはこの指数からもわかります。

メイがサピックスを退塾した頃、成績は少なくとも上位3分の一には位置していました。もし、サピで勉強し続けて塾内での順位を維持していれば、メイは難関校に進学できたかもしれません。

メイの最終偏差値は55でした。難関校の偏差値は60~64。市進の比較的ゆったりした受験勉強の”代償”がこの偏差値の差なのでしょうか。

それでも、市進の上位校以上の合格はきっかり30%、中堅校以上は49%と健闘しています。

サピから市進に転塾し、メイにとてはベストに近い学校に通っているのですから、メイがサピックスに通い続けていればよかったという思いは全くありません。

しかし、この記事は参考になりました。成績が伸び悩んでいるメイですが、しっかり勉強すれば一クラス上の成績を残せる可能性があることを確認できたからです。親の欲目かもしれませんが、メイはもう少し勉強ができるはず。それを説明するために、このデータは使えると思います。

メイにこのデータを見せて、「君もしっかり勉強すれば上位クラスに負けないだけの成績が残せるはずだ」と言ったら説得力があるかもしれません。やはり成績は勉強量次第なのです。
ビジネスマンの必読書『週刊ダイヤモンド』 ★最新号が送料無料★





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

中学受験は通過点、いや最初の一歩。 [中学受験とは何か]

今春の中学受験は一段落したのでしょうか。我が家の一人息子の中学受験は3年前に終わりました。今、息子のメイは中学3年生です。

中学受験はゴールではありません。一つの通過点に過ぎません。中学受験勉強を含めれば、それは子供の教育のスタートと言っていいものです。

中学の3年間でメイは何を学んだか。どの中学に学校に合格したかより、こちらの方がはるかに大事なのです。そして、今のメイにとっては、これから何を学んでいくかという事が大事なのです。彼はまだ何も成し遂げていないのです。

しかし、それもすべて今まで学んできたことが基本になるのです。メイの市進での勉強は中学校での勉強の基礎になった。これはメイが3年前に今の学校に合格したということよりも大事なことだと思っています。なぜなら、学んできたことはメイの中に蓄積されている。合格は一瞬のことにすぎません。

成績が今一つのクラスメートが夏休みに個人指導の塾に通ったのだそうです。そこで学校のプリントの補修を依頼したら講師の先生が解けなかった、難しすぎて。

その塾の講師は、問題と「答え」を自宅に持ち帰って講義の準備をしたのだそうです。同じことが複数の科目で起きたと聞きました。

メイは学校での順位は中の中から、中の上あたりをうろうろしている状態です。でも、学んでいる内容はこれほど難しい。メイが中堅レベルの学校に通っていることを考えれば、中高一貫校ではその程度の「難問」には当たり前に取り組んでいるのだと思います。

こういったことが中高一貫校で可能なのは生徒がみな中学受験勉強をしているからなのです。それをベースに中高一貫校は授業を進めることができるからレベルが上がるのです。

中学受験が不本意に終わった家庭もあるでしょうが、まさか中学受験が最終目標であるとうことはないでしょう。

大事なことはこれからの勉強。結果が不本意ということは、中学受験の勉強はしっかりできていたということです。基礎がしっかりしていれば大丈夫。未来を信じましょう。努力は報われる、少なくとも学生のうちは。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

現実となった公立中学進学のリスク。 [中学受験とは何か]

息子のメイは中高一貫校にで勉強しています。ですから、公立中学に進学していたらどうなったか、それはわかりません。

中高一貫校の進学を考え始めたころ、公立中学に進学した場合の一番の心配はいじめでした。その次の心配が、地元の学校の雰囲気に流されて勉強しなくなること。中高一貫校へ進学したメイには、今のところこれらの心配は今のところ必要ないようです。

しかし、メイの小学校時代の友達が、公立中学で成績が上がっていないことを知りました。

彼は国語が得意で、とてもしっかりした作文を書ける子供でした。頭はよいのだと思います。全体の成績も、小学校ではトップクラスでした。

この友達も中学受験を目指していたのですが、6年生の初めに公立中学進学に方向転換したのです。しかし、小学校時代の成績と、当時の国語力から考えて、この子はきっと偏差値の高い公立高校に進学するに違いないと思っていました。

先日、お母さん達ネットワークから、この友達の進学希望学校の情報も流れてきました。僕は、その学校と彼のイメージがどうしても重ならなかったのです。その公立高校の偏差値は50に届かないのです。

彼は中学ではスポーツクラブで熱心に活動したようです。一つのことに熱中できるのは素晴らしい。中学時代にスポーツに熱中しないと得られないものも確かにあるでしょう。

しかし、受験勉強を続けて中高一貫校に進学していたら、学力に関しては全く違うレベルになっていたことは間違いありません。

中学生として3年間過ごす学校の環境で、子供の、特に勉強に対する価値基準が大きく変わってしまうことはよくあるのです。勉強に価値を見いだせなくなると、成績はあっという間に下がってしまいます。

公立学校でもしっかり勉強している生徒もいるわけですから、公立中学イコール不勉強ということにはなりません。しかし、勉強に興味を失ってしまうリスクは公立中学では低くはないと思うのです。

これをリスクと考えず、子供の個性と考えることもできるでしょう。子供が自分で判断したことですから、それを尊重するべきであるとう意見もあるかもしれません。

そういった視点で見れば、僕などは、勉強ばかりさせる学校に子供を送り込む、子供の自由な選択を奪うひどい保護者ということになるのでしょう。

どちらが正しいということはなく、それぞれの主張は尊重されるべきです。我が家の場合はこれをリスクと考えて、中高一貫校を選択肢しただけなのです。

僕としては正しい選択をしたという気持ちはありますが、それを測る客観的な基準などはないのです。

メイもこのメイの友達も、それぞれの選択の答えは彼らの人生で探していくものなのでしようね。親ができるのはサポートだけなのです。




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

受験勉強をさせたことへの罪悪感が消える。 [中学受験とは何か]

罪悪感と書くとなにかとても強い感じもします。しかし、息子のメイに中学受験勉強をさせたことに対する後ろめたさというか罪悪感のようなものはありました。

少なくとも受験勉強の最中は、可哀そうなことを強いているかもしれないという気持ちは常にありました。小学校6年生になって勉強時間が増えてからは、それまでよりも強く思うようになりました。

普通であれば一日中遊んでいるはずの小学校6年生の夏休みに、朝から晩まで勉強をさせていたのです。メイは遊びたいとか、勉強をしたくないと不平を言うことはありませんでしたが、親として子供に本当に正しいことをさせているという確信はありませんでした。

かといって、遊ばすわけにもいきませんでした。小学校6年生の夏から晩秋にかけては中学受験勉強で最も大切な時です。

そして、中高一貫校に進学しても、やはり厳しい勉強が待っているのだろうという漠然とした考えが、後ろめたさを罪悪感に変えるのでした。受験鑑別所と揶揄されるような学校があることは知っていましたし、中学進学直後から受験塾に通うことが常識である学校がることも知っていました。中高一貫校への進学は大学受験勉強のスターとであるかもしれないと考えると、何か勉強ばかりの学生生活を強いてしまうようでかわいそうな気にもなったのです。

その時感じた罪悪感のようなものはその後もずっと僕の中に残り続けました。中学受験勉強で失ったものに見合うものをメイが今の学校で得られるのか、その核心はなかったからです。

しかし、つい先日、その罪悪感が消えていることに気が付きました。

中高一貫校の中学の部は楽しそうです。もちろん勉強中心です。学校も勉強のことばかり言います。夏休みも実質3週間しかありません。休みの前後に夏期講習があるのです。

それでも楽しそうなのです。勉強中心の中高一貫校ですが、学園生活は十分に楽しいようです。

中高一貫校は勉強ばかりさせるところであるという批判は、学校による違いはあると思いますが、正しくないと思います。学校は勉強をするところです。ですから勉強中心で当り前ではないですか。その当たり前なことを普通にさせているだけなのです。

勉強時間は多いかもしれませんが、高校受験がないので全体にリラックスした、のびのびとした雰囲気のなかで学習できるのです。仕事でも、プレッシャーのあるなしで疲れは全く違います。もちろん、過度のプレッシャーがないほうが疲れませんし、仕事の結果もよいことが多いです。学習も同じだと思います。

そして四六時中勉強しているわけではありません。クラブ活動もあるし校外学習もあります。もちろんクラスメートとの交流もあります。そして、愛校心も育んでいます。中高一貫校は充実した学園生活を提供してくれるところでもあるのです。

高校受験がないことがこれほど大きなメリットであるとは思いませんでした。中高一貫校のメリットを、メイを通して十分理解して僕の罪悪感は消えたのです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学校

中高一貫校・高校ランキング。 [中学受験とは何か]

中高一貫校関係の記事はどうしても目が留まります。もう一人息子が中高一貫校に進学しているので、進学に関する新たな知識を得ても学校選択に生かすことはできませんが気になるのです。

最近気になったのは、週刊 ダイヤモンド 2011年 6/25号の「中高一貫校・高校ランキング」です。この特集はもしかしたら毎年あるのかもしれません。お買い得学校ランキングはどこかで見たことがあります。国公立合格率や、お得ランキングに加えて、県別の合格力ランキングなどというのもありました。

息子のメイが通う学校のランキングが気になるのでのぞいていみました。メイの学校は、県別合格力でまずまずの位置。中高一貫校の偏差値と高校のランキングが連動しないこともありまが、メイの中高一貫校の高校部のランキングは中学進学時の偏差値とほぼ連動しているようです。悪くはないと思います。

この雑誌には中学受験塾の合格力偏差値の特集もありました。特集は高校ランキングですが、やはり想定読者は中高一貫校受験を考えている保護者たちのようです。ちなみに、メイの卒業した市進の偏差値は46でした。総合的に考えるとそれほど悪くないと思います。余力残しが市進の特徴なのですから。

週刊 ダイヤモンド 2011年 6/25号 [雑誌]

週刊 ダイヤモンド 2011年 6/25号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2011/06/20
  • メディア: 雑誌






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

地震の中学受験に対する影響。 [中学受験とは何か]

今回の震災の影響を受けない家庭はないでしょう。通勤や消費財の調達はもちろんですが、実質的な収入源といった問題もこれから起きると思います。

日本は完全に半身麻痺状態です。年頭には今年の景気に対してポジティブな予想が多かったですが、景気は間違いなく大幅に後退します。

収入減に加えて、復興支援のための増税と子供手当てなどのカットも避けられないでしょう。それによって使えるお金はさらに減ります。

将来的には復興するでしょうが、短期的な回復は難しい。これは確実に、各家庭の収入に反映するのです。

昨年の私立中学への志願者減は、景気の問題も関係していたと言われています。昨年よりも一層経済が後退すれば、この傾向がさらに進みます。来年度の入試で私立中学を目指す家庭は減るでしょ。

それに加えて、通学の問題で私立中学を躊躇する保護者も増えるでしょう。今回の震災で首都圏の電車は大きく影響を受けました。震災の当日はほとんどの交通機関が麻痺して、電車で通学している多くの中高一貫校生は帰宅する事が出来ませんでした。

我が家でも、息子のメイは学校で足止めでした。僕がどうにか帰宅し、メイを車で迎えに行く事が出来たのは夜の11時半過ぎでした。学校で夜を明かしたクラスメートも数人いたのです。

中学受験を目指すかどうか迷っている保護者にとって、この事実は間違いなくマイナス要素でしょう。地元の中学であれば、徒歩で帰宅できるのです。

今も電力供給の問題で電車の本数は十分に確保できていません。通塾を電車に頼らざるを得ない家庭ではこれも大きなマイナス要素です。こちらの影響のほうが大きいかもしれません。

もっとも、こういった情況は実質倍率が1倍以上の中学には問題がない事です。引き続き、私立学校の教育を求める家庭は少なくはないのです。需要と供給のバランスが崩れない限り、私立中学は安泰です。

公立か私立か、その判断に迷う中間層が、公立志向に傾いて私立の志願者が減っているだけです。経済的な問題も、通塾手段の問題も、私立志向が強い家庭では工夫してどうにか乗り切るでしょう。

今回の震災によって、私立志向が強い家庭とそれ以外の家庭の二極化が進みます。中等教育における二極化の進行、これが今回の震災が中学受験に与える影響だと思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

中学入試 変わる兆し、朝日新聞の記事。 [中学受験とは何か]

今日の朝日新聞に、「中学入試 変わる兆し」というタイトルの記事がありました。中学入試は転機を迎えた、で始まるこの記事は、前文を私立の入試熱が冷めてきた、と結んでいます。

一方、公立の中高一貫校は引き続き人気が高いようです。このことから、私立の中学入試熱が冷めつつあるのは、経済的な問題が大な理由の1つであるとことは容易に想像できます。

中学受験は、その準備の段階からかなりお金がかかります。我が家の場合は、子供の教育費は聖域ですが、今の景気の状態では、経済的な理由で中学受験を諦める保護者が増えても不思議ではありません。

中学受験は、公教育政策の失敗という追い風でその受け皿を増やしてきました。その追い風を、同じ組織が運営する公立中高一貫校が受けていると言うのは、皮肉というより、政策的に何か間違いがあるような気がします。本来行うべきは公教育全体の改革でしょう。

いずれにせよ、公立の一貫校はあまりにも倍率が高いですから、確実に子供に良い教育を与える事を考えた場合には、公立校だけ賭けるのはリスクが大きすぎます。子供に与える教育の質を運に任せる事は出来ません。

ですから、子供の教育を金銭的な基準で考えたくないと考えている保護者にとっては、私立の中高一貫校は公立よりも魅力的であることには変わりがないのだと思います。

トレンドとかブームとかいった部分を取り除けば、私立の上位一貫校の人気は相変わらずです。最難関校の偏差値が急に下がったりする事はないのです。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

中学受験は困難を克服する力を培う。 [中学受験とは何か]

先日、現在通っている歯医者の待合室でパラパラとめくっていた週間プレジデントに、ある私立学園の学長さんのインタビュー記事を見つけました。教育関係、特に中高一貫校に関係する記事にはどうしても目が止まります。

そこに、困難は子供を強くする、というコメントがありました。子供は困難を克服する経験をすれば、次に別の困難に直面したときもそれを克服する勇気を持つことが出来る、とその学長さんは語っていたのです。これはゆとり教育に対しての批判であり、また中学受験を肯定するコメントでした。

確かに、中学受験は子供にとって困難の連続です。小学校の友達の多くが好き放題遊んでいる中で、塾で難しい問題に取り組み、偏差値と合格確率という容赦ない現実と対峙しなければならないのです。

公立中学進学という選択肢がある中で、この困難と向き合うことが出来るのは自らの強い意思があるからです。親の意向が働いていることは明らかですが、小学生も高学年ともなれば自分の考えを持ち始めます。自分で中学受験を望まなければ厳しい受験勉強を続けることは出来ません。

これが、全体に流されてほぼ全員が参加する高校受験と大きく違うところです。自らの意思だけが中学受験に立ち向かうことを可能にするのです。

今年も、多くの小学生達は中学受験を通して大きく成長するでしょう。困難に自らの力で立ち向かった経験は、将来により大きな難しい問題に直面した時にきっと役に立つ。

自らの力で将来を切り開くことを学んだ子供たちは中高一貫校でより大きく成長するのです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

中学受験で親子の絆は強まる。 [中学受験とは何か]

息子のメイは中学二年生です。反抗期の時期だと思うのですが、父親の僕を避けるようなことはありません。以前と変わらずに、きちんとコミュニケーションが取れています。

その理由は幾つもあると思いますが、中学受験を、親子で一緒に体験できたことも大きな理由だと思います。

子供のスポーツに熱心な保護者と、子供の中学受験に熱心な保護者には、おそらく、共通点があると思います。子供ががんばるフィールドは違いますが、親が子供の将来に期待する気持ちは似ているでしょう。

しかし、子供達の真剣度はかなりちがうと思います。スポーツは、多くの場合、子供達にとっては遊びの一部でしょう。一方、中学受験に臨む子供達にとって、受験勉強は遊びではありません。ほとんどの子供達にとって中学受験は真剣勝負です。子供の将来が掛かっているのですから、保護者も同様に真剣です。

中学受験ほど、子供と親が共同で真剣に取り組めるものは他に余りありません。その共通の体験は親子の絆を強めると思います。

僕にとっても、メイとの中学受験体験は、僕の人生の中でも、非常に貴重な体験でした。メイとの、最初で、もしかしたら、最後の共同作業だったかもしれません。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
前の10件 | - 中学受験とは何か ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。