So-net無料ブログ作成
検索選択

東大合格者数No1.。目標に近づくためにZ会で実力upを。
偏差値 ブログトップ

偏差値批判が生み出したもの。 [偏差値]

学力レベルの指標として信頼度は抜群の偏差値ですが、世間での受けは良くなかった。多くの教育関係問題の原因として偏差値は頻繁に登場しました。教育問題の元凶とすらいわれていたと思います。そして、それは広く世間の支持を得てしまったのです。

偏差値は指標に過ぎない。その指標が問題の原因であるというのは明らかに間違った考えだと思います。しかし、この誤った偏差値批判が日本の教育に残してしまったものは小さくはないと思うのです。

偏差値批判は、正確に言えば偏差値偏重批判です。学生の能力判定が偏差値に偏りすぎだという批判です。偏差値で測れる能力は非常に限定的なのもですから、それをきちんと学校関係者や学生に理解させれば、別に偏差値など批判しなくても良かったのです。しかし、偏差値は批判の矢面に立たされた。問題の根本でなく、現象だけが取り上げられて非難されるよくあるパターンです。

日本の不幸は、その偏差値批判が学力軽視につながってしまったことだと思います。

偏差値は学力テストにおける能力の判定基準です。学力テストは、生徒の学習内容の理解度を測るために広く行われています。学校で教えていることをきちんと勉強する生徒は当然学力テストでよい点を取ります。学校の学習内容が大切であれば、きちんと勉強してテストでよい点をとる生徒は賞賛されるべきではないですか?点数の悪い生徒へは、もっと勉強するように指導するべきでしょう。でも、偏差値批判はそれを許さない。偏差値批判派は、学校の勉強ができてもできなくても、それは重要なことではないと言っているに等しいのです。つまり、学校で学習内容の軽視です。

それだけであれば、問題は大きくはありません。偏差値批判は結構だと思います。学力偏重批判も問題ないです。自由に主張を述べるべきです。その発言には一理あることもあるでしょう。しかし、偏差値批判派の間違いは、偏差値を批判(間接的に学習内容の軽視)しながら、価値基準の軸を義務教育以上の学校への進学へ置いたままだったことです。学力偏重批判は結構ですが、学力が伴わなくても進学させろ、は理論の逸脱です。
                              
高校はともかく、大学は思索、研究するところです。AO入試大学生の学力低下の一つの原因として批判されています。当たり前のことです。大学での勉強に必要な基礎学力と一芸に秀でていることとは全く無関係なのですから。

偏差値批判は、進学不要論もあわせて展開しなければおかしかったのです。勉強の成績が悪く、勉強が嫌いであれば、早く社会に出て働きなさい、学歴が何だ、働くことは尊い、ということを大きな声で言うべきだったのです。大学には勉強したい学生だけが進学すればよい、とはっきり言うべきだったのです。しかし、偏差値批判派は進学への価値基準を放棄しなかった、いや、放棄するどころか、進学自体にその価値基準のほとんどを置いていたのです。

学歴偏重をを否定せずに、偏差値批判、つまり学力偏重批判をする。それが招くものは、進学先の学校の学力レベルの低下です。それこそが望ましい姿です。基礎学力なんか無くてもどうにかなってしまう大学、それこそが、偏差値批判派にとっては理想であるということになります。分数のできない大学生、英語の過去形の分からない大学生。日本の教育の現状はまさしく偏差値批判派の理想に近い形になってしまった。

偏差値批判派の人たちだけで、強引に日本の教育をレベルを引き下げたとは思いません。しかし、現象だけしか見ない浅薄な偏差値批判が、今の日本の教育の状況を作り出したことに一役買ってしまったことは否定できないと思います。




nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

偏差値とは何か。 [偏差値]

大学受験で体験した偏差値。メイの中学受験で再会し、メイが大学入学するまでまたしばらく付き合うことになりました。それで、偏差値について何回かに分けて書きたいと思います。

偏差値とは何か。受験関係で使われる偏差値は、集団の中での各個人の学力レベルを測る指標です。偏差値50であれば平均、ど真ん中。偏差値70で上位2%になります。

その偏差値の基になるのはテストの点です。テストの点から学力のレベルを測る。その精度はとても高いと思います。自分自身、偏差値で越えられない壁があった。メイの偏差値も一定の振れ幅の中に納まっていました。偏差値恐るべし。

ですから、学力レベル測定の域を超えて、偏差値が高ければ頭が良い、偏差値が低ければ頭が悪いと考えられてしまうことがあります。この誤解が、偏差値が時として悪者扱いされてしまう大きな原因の一つです。確かに、能力の判定と言う側面もあるのですが、それはとても限定された状況での能力だと思います。

学力試験は制限時間があります。学力試験は定められた時間内で問題を処理することが大前提なのです。つまり、偏差値は、限られた時間内で答えを導き出す能力の測定基準であると言うこともできるのです。

短い時間で答えを出せるのは頭が良い証拠だろうと言われれば、確かにそうであると思います。偏差値の高い児童、生徒は頭が良いと思います。しかし、この逆は真ではありません。

時間的制約がなければ、もっとすばらしい回答を出せる子供たちもいるでしょう。社会に出れば、60分で会社の問題を解決しろなんて仕事はめったにないのです。普通は問題解決の方法を考える時間は十分にある。重要なのは答えの内容なのです。答えを導き出すの要した時間など、誰も興味はありません。

本当に大切なのは考え抜いて答えを導き出せる力。考える時間などはほとんど気にする必要はありません。

学力試験の点数に頼っている偏差値では、この能力は測りようようがありません。ですから、偏差値が高くなくても、その児童、生徒の考える力が劣っていると言うことはできないのです。偏差値は、あくまで時間制限ありのペーパーテストの処理能力の測定基準なのです。このことはきちんと理解しておくべきです。

もっとも、入試では進学希望先の学校が求める基礎知識を問われるわけですから、最低限それだけの学力は身につけておかなければなりません。そして、その学校の求める学力の目安が偏差値であるのは、しかたがないと思います。これは甘んじて受け入れるしかないですね。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

中堅校の定義とメイの中学の偏差値。 [偏差値]

このブログの記事も80以上になりました。そして、いまさらながら気が付いたのですが、中堅校の定義について書いてなかったですね。

中堅校だけでは曖昧です。明確に定義したいと思います。四谷大塚の80%偏差値が55前後から60までくらいの学校を中堅校と考えています。難関校は偏差値63前後以上でしょうか。(二月一日校の偏差値は低く出ますのでプラス2~3して考えてください。)

偏差値が60近くになると、中堅校というのは申し訳ないような学校も多いですね。特に都内の学校は難関校ではないにしても、上位校というのがふさわしい学校も多いです。

メイが進学した中学の偏差値は60位でした。しかし、この学校はまだ上位校とは言いがたいと思っています。上位校と呼ばれるには歴史も風格もまだ足りない。

結局曖昧さが残ってしまいましたが、大体このくらいの偏差値を目安に今までこのブログを書いてきました。これからもまだしばらく回顧を続けます。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

80%偏差値 [偏差値]

中学受験では、合格率が80%を超える偏差値をその学校の偏差値としています。

例えば、東京タワー近隣の有名男子校Sの、2008年度一回目試験の四谷大塚予想偏差値は59でした。

80%以上の確率で合格するには、四谷大塚の模試で59以上の偏差値が必要ということです。

しかし、これは合格者の80%が59以上の偏差値であったということではありません。また、偏差値59以上の受験生でないと、S中学の生徒としてふさわしくないという意味でもありません。

四谷大塚の入試結果グラフを見ればそれは一目瞭然です。偏差値の分析には、四谷大塚入試情報センターの入試結果グラフは非常に役に立つ情報です。2009年分はまだアップされていませんので、2008年度のデータで見てみましょう。

入試結果グラフをみると、この中学の2008年度2月1日受験生で、実際に進学した生徒の偏差値の中央値は54、55、56です。一方、偏差値59の受験生は、なんと上位10番目に位置します。

偏差値の上がる2月2日受験で入学した生徒を含めても、54~56の生徒たちは依然中間層です。つまり、S中学が進学者に求める学力を充分に備えているということです。運良く合格でなく、実力で勝ち取った合格です。堂々と進学してよいのです。

偏差値は目安です。受験で一番重要なのは、受験校との試験問題との相性だと思います。ですから、進学希望校の入試問題の研究は欠かすことができません。






息子の学力 2/2 [偏差値]

偏差値55はそれほど高い偏差値ではありません。普通の偏差値です。先日の日記で、メイの成績は中の上と書きましたが、中の中かもしれません。最も多くの受験生がひしめくグループの1人でした。

しかし、これメイの成果ですから納得です。ここにいたるまで紆余曲折もありましたし、結果を結果として受け止める心構えはできていました。当然、よい成績だ、とメイには伝えました。

実際問題として、四谷偏差値55はそれほど悪くないという現実もあります。2月1日受験限定でしたら、東大に二桁の進学者を出す、複数の学校の合格可能性80%偏差値を上回ります。

また、偏差値が60前後の学校であっても、合格可能性は五分五分程度、つまり約2人に1人は合格できる偏差値なのです。実際にメイが進学した学校もこの程度の偏差値です。

中学進学のためでなく、塾内テストや、模試でよい偏差値を取るのが目的のようになってしまうこともあります。しかし、偏差値を希望の中学の合格するという視点から眺めると、案外柔軟に捉えることができます。

偏差値は受験校決定のためのひとつの目安です。唯一絶対の基準ではありません。




息子の学力 1/2 [偏差値]

息子の名前をメイということにしこのブロクを書くことにします。

メイの当時の学力のレベルを書いておいたほうがよいかなと思います。要するに偏差値です。このブログは僕の記録であると同時に、これから子供を中学受験させる方の参考になれば、という思いもあるので、メイの偏差値は僕の日記を読む上での目安になるでしょう。

四谷大塚の最終合否判定模試の偏差値は55でした。

この四谷の偏差値については、メイには少し考慮してあげなければならない不利な点がひとつあります。

メイが通っていた塾は市進学園でした。この塾は定例試験を四谷の模試と同じ日の午前中に設定するのです。

四谷は午前と午後に模試を実施するので、市進生でもかろうじて受けることはできるのですが、一日に2回4教科の模試を受けるというハードスケジュールを強いられます。メイも、午前中は市進で四教科の定例試験を受け、そのあと車の中で急いで昼食をとり、午後は四谷でその日二回目の四教科の模試を受ける強行軍で臨みました。

ですから、実力より2,3下の偏差値が出てしまったかな、とも思います。たかが2,3ですが、受験生を持つ親にはとてつもなく大きな差に思えました。

たかが偏差値、されど偏差値。受験生を持つ親はこの数字に翻弄されます。




偏差値 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。