So-net無料ブログ作成

東大合格者数No1.。目標に近づくためにZ会で実力upを。

受験生につき、息子の雪かき仕事を免除する。 [高校生の日々]

二週続けて大雪となりました。南関東ではあまり雪が降りませんから、たまに降る雪には趣があって嫌いではないのです。でも、大雪となると話は別です。雪が積もると雪かきをしなければなりません。これが面倒なのです。

我が家の前の道は車の通りが少なく、また脇の生活道路も70代後半の一人暮らしの方との共用なので、雪かきとなると結構な作業なのです。近所の方たちの倍以上の作業をしなければなりません。

僕は、雪は放っておけば自然に解けるのですからお隣の御老人が歩く部分の雪だけをどかしておけばよいと思っています。しかし、世間体というものもあるのでそうはいかないのです。昨日も、雨が止んだ後に近所の方たちが雪かきを始めました。それで、僕も仕方なく始め、我が家の責任範囲の雪をきれいに脇に寄せました。

息子のメイも高校二年生ですから、この作業の貴重な戦力です。先週の雪かきも半分以上は任せました。しかし、昨日は僕と妻で片付けました。

昨日、メイは近所の図書館に行っていたのです。もしかしたら、雪かきをやりたくないために図書館に行ったのかもしれません。そんなメイの意図を察してか、妻は彼を呼び戻して雪かき作業をさせることを強く主張していました。図書館内では携帯電話を切っているかもしれませんが、その図書館は我が家から徒歩圏ですので、呼び戻すことは簡単なのです。しかし、昨日はメイには手伝わせませんでした。もう受験生だし、勉強に集中してほしかったのです。

受験生とはいえ、受験までまだ一年はあります。雪かきくらい手伝わせるべきであるという妻の主張は正しいと思います。受験生だからと言って何もかもが特別扱いの対象になるわけではありません。

しかし、大学受験となると親としてももう勉強を見ることはできません。僕はメイの分の雪かきをすることで少しはメイの勉強に協力したいと思ったのです。

雪かきは一、二時間の作業ですが、同じような気持ちで子どものためを思い、働いている保護者の方は多いと思います。子供のためと思うと親というものは頑張れるものなのです。

しかし、翻って自分の学生時代のことを思い出してみると、そんな親の苦労のことなどほとんど考えていませんでした。こういう親の気持ちがわかるようになったのは、自分が子育てをしてからです。ま、そういうものなのでしょう。

昨日の雪かきにしても、メイは僕に微塵も感謝はしていないでしょう。それでよいのです。親に感謝する暇があったら勉強しろ、それが今の僕の気持ちです。




nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

なぜ人は勉強するのか?

「勉強」は生きていく上で直面する問題を解決するためにするものだと思います。
 ご子息様が「大雪」という目の前にある問題から勉強に「逃避」しているのだとしたら、本末転倒であまりにも情けないことに思うのですが・・・・。
by なぜ人は勉強するのか? (2014-02-19 12:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。